キャバ嬢の二日酔い対策がすごい!お酒のプロに効く正しい飲み方

最近インスタやツイッターなどで、キャバ嬢がシャンパンを大量に開けているのがアップされていますが、キャバクラ=お酒の場ですので、当然二日酔いはつきものです。
お酒を飲む仕事においてプロである彼女たちにとって、二日酔いで失敗はできません。

どのような対策や方法があるのか、とあるキャバ嬢の対策をご紹介していきます。

二日酔い対策1|飲み方を工夫

お酒を飲まない

そもそもお酒を飲まなければ二日酔いになるわけがないので、対策としては完璧です。
最近ではお酒を飲まない(飲めない)キャバ嬢が増えてきています。
その場合どうしているのか?
お客様だけがお酒を飲んでいたり、お店によっては「フェイク」と言ってノンアルコールのカクテルが用意してある場合もあります。

ペース配分を調整

お酒に強い弱い、ペースが早い遅いなど個人差があるでしょう。
弱い人は特に、自分のペースで飲まないと酔いが回るし次の日にも残るので最悪です。 また、お酒の種類によってもアルコール度数が違うので注意しましょう。 たとえばビール5%、ワイン14%、焼酎25%、ウイスキー40%です(おおよそ)
酔いが回るまでにビール(ジョッキ)だと20分、アルコールを体内で処理するのに、ビール(ジョッキ)だと約3時間かかるといわれています。
これを頭に入れておくと計算しながら飲めますね。

同じ量の水を飲む

お酒を飲むと脱水症状に陥りやすいです。
体内のアルコール量を抑えることで、体がアルコールを分解しやすくなります。
また単純ですが、お腹が膨れるので飲みすぎ防止にもつながります。

少しお酒の量が多いなと思ったときは、今まで紹介した対策では難しいかもしれません。
そういうときは我慢せずに「サプリ」に頼るのがおすすめです。
キャバ嬢が愛用するサプリをいくつかご紹介しましょう。

 

【特許取得成分配合】二日酔いサプリ
ビール会社が作った強肝ゼリー『アスラックス』
飲み過ぎ対策サプリ【エカス ekas】

二日酔い対策2|人に頼る

ヘルプのキャバ嬢やボーイさんに頼る

ヘルプで着いたキャバ嬢やボーイさんです。
キャバクラは基本的に1:1で席に着いていますがたまに、仲のいいキャバ嬢を追加で指名したりする場合があります。
その時にもう一人のキャバ嬢が頑張って飲んでくれたり、ヘルプのキャバ嬢に飲んでもらって自分のボトルを減らしていく作戦です。
他のキャバ嬢はいい気がしないと思いますが、作戦としてはアリだと思います。
ボーイさんは男性なので女性であるキャバ嬢よりは飲めますし(多分)、男気や根性で頑張ってくれるはずです(多分)。

お客様のノリを活用する

団体のお客様だとその場でゲームが始まったりで、勝手に飲ませあいが始まったりする場合があります。
これはラッキーですが、飲みキャラのキャバ嬢は逆に危ないので注意です。
ここまでは飲まないための逃げ方です。
お酒の場ですので飲むことが基本でしょう。
ここからはたくさん飲むことを考えての対策です。
できるだけ種類を少なく いろんな種類のお酒を飲む(チャンポン)と、次の日に残りやすいと言われています。
それに酔いも回りやすい気がします。
ボトルのお酒を飲む場合と、1杯ずつオーダーする場合があると思いますが、オーダーする際だけドリンクを決めておくのも一つの作戦になると思います。

二日酔い対策3|サプリやたばこ

サプリメントや酵素

飲む前にサプリメントや酵素を飲んでおくと効果的です。
サプリメントでは一般的にウコンを飲む方が多いと思いますが、お酒を分解してくれる肝臓の働きを助けてくれるものです。
酵素は消化や分解を助けるものです。
二日酔いは肝臓がお酒に含まれるアセトアルデヒドを分解しきれないことで起こります。
酵素は体内にもともとありますが、消化酵素の減少を防ぐためにサプリメントやドリンクで補うのが効果的です。

タバコを避ける

アセトアルデヒドはタバコの煙にも含まれています。
キャバクラではタバコを吸う人も多いかと思いますが、お酒とのダブルパンチで二日酔いになりやすくなるので注意です。

キャバ嬢のベストな二日酔い対策は?

上記の様に、二日酔い対策や酔わないための対策はそれぞれのキャバ嬢も意識しているとは思います。
ただ意識をしていてもやはり売上やノルマもあります。
お客様からがお酒をオーダーし、そこから売上につながる以上は、キャバ嬢が未成年である場合やアルコールを全く受け付けない体質でもない限り、多少無理をしてでも飲むこともキャバ嬢の大切な仕事です。

簡単な二日酔いお助けコレクションとは?

これまで紹介した方法でなかなか解消しない・・・。
そんなときは「効き目が強め」のサプリを試してみましょう。
ポイントはただの食品アプリではなく「指定医薬部外品」の記載があるものがおすすめです。
お酒を飲むたびに使うものではありませんが、どうしても失敗できないときの備えとして常備しておくと良いでしょう。

【指定医薬部外品】レバウルフ
簡単な二日酔いお助けコレクションとは?
ReBODY25000