新型コロナウイルスによるキャバクラへの影響

コロナウイルスでキャバクラにどんな影響が?!

今日本だけでなく、世界中で蔓延している新型コロナウイルス。
連日報道されているので知らない人はいませんよね。
でもコロナウイルスってどういうウイルスなのでしょう。
なぜここまで危険視されるのでしょうか。
また、コロナウイルスで受ける影響とは。

コロナウイルスにも種類がある

日常生活で、病気にかからなくても風邪をひくことはありますよね?
風邪といっても種類は様々あるようで、
この風邪の10〜15%がコロナウイルスが原因とされています。
この場合でのコロナウイルスは日常的に感染するとされてるものなので、普通の風邪と大差ありません。
今取り上げられているコロナウイルスとは少し違います。

今報道されている新型コロナウイルスは、
コウモリのウイルスがヒトに感染して重症肺炎を引き起こすようになったと考えられている、
新しいコロナウイルスです。
致死率は10%弱でインフルエンザと変わらないのでは?と思いますよね。

コロナウイルスを軽くみてはいけない

ではなぜ危険視されているのか?
コロナウイルスに感染してしまっても、症状が軽いとしんどさや症状は風邪と変わりません。
「ちょっと体調悪いけどこのぐらいなら、、」と出かけてしまいますよね。
その結果、今のようなパンデミックが起こってしまいました。

コロナウイルスの影響

もうご存知かと思いますが、マスクはどこに行っても品切れ。
ペーパー類、除菌グッズも品薄状態。
すでに目に見える影響は出ています。
ではこれらの商品が売れて景気がいいのでは?
と、一瞬思うかもしれません。
たしかにこれらの商品メーカーは売り上げが伸びているかもしれませんが
それ以外の会社はどうでしょうか。

みんななるべく人と接触しないように
大きなショッピングモール、飲食店、商店街などには行きたがりません。
海外旅行やライブは早い段階で中止になってます。

人が密集するバーやキャバクラ

人が密集するバーやキャバクラ

外出に関して特に注目されているのが、クラブやバーやキャバクラなどの夜に営業している飲食店です。
他の店と比べて密集しますし、
地下にある店も多いため換気も良くありません。
キャバクラやラウンジ、ガールズバーなどは
お客様に対して近い距離で接客します。
お客様がマスクをつけていたとしても
キャスト側はマスクを着用して接客できません。
今報道されてる中で、感染経路不明とされてる方のほとんどが
そういったキャバクラなどの接待での感染ではないかと言われています。

接待がなくなる?!

ということは、ただでさえ客足が遠のいている
キャバクラ業界ですが
これから会社や自治体からの規制もかかり
接待自体禁止になるのも時間の問題では、、、

キャバ嬢のピンチ

キャバ嬢のピンチ

昼間も働きながらキャバクラでも働いている方は別ですが、
キャバクラ一本で生計をたてているキャバ嬢にとっては
このパンデミックは予期せぬピンチです。
ただでさえ閑散期と言われる2月3月です。
営業ラインをしても「コロナ怖いからお店にいけない」と何度も言われたことでしょう。
今ほど蔓延していないころは
断り文句と思っていたかもしれませんが、
今となっては自粛が正解となってしまいました。
また、この閑散期をすぎれば4月。
いつと通りなら歓迎会での団体様が増える時期ですよね。
しかしいつまでこの状態が続くのか、いつ収束するのか
日本のみならず世界でも明確な目処がたっていません。

キャバ嬢のお給料は?

ではキャバ嬢のお給料は?
もともと時給の高いキャバクラ業界。
でもそれはキャバ嬢の売り上げや店全体の利益があって成り立っていたものです。
有名キャバ嬢はこの状況でも売り上げがあって、お給料もかわらず貰えると思います。
ですがその他のキャバ嬢は大打撃をくらってますし、お店にと新規のお客様がはいってきません。
お休みにしている店舗や、
お店も系列のお店何店舗かと合同で営業したり、
少しずつ調整していってます。
それによって出勤できない日も増えてくるのでお給料は下がりますよね。

キャバ嬢の出費

キャバ嬢の出費

それでもドレスやお化粧品の物価は下がるわけではないので
出費だけが増えていきますよね。
繁華街にあるドレスショップはだいたい1万円を超えます。
お給料が下がることを考えると、少し高く感じてきますよね。
ネットで安く購入するキャバ嬢も増えてきているそうです。
化粧品も、普段デパートで購入していても
今の時期デパートも出歩きたくありません。
服も化粧品もネットで購入するのが、
このご時世コストも抑えて人にも接触しない賢い買い方なのかもしれませんね。

キャバ嬢の職探し

コロナウイルスの影響でキャバクラ一本で生計をたてられなくなっているキャバ嬢もいます。
おやすみの日も増え、家で過ごすうちに
副業や転職がよぎることもしばしば、、、

今のお店がヒマなだけで他のお店、他のエリアはそんなこともないのでは、と
お店を移るキャバ嬢もいます。
繁盛している店はいつもとあまり変わらない忙しさで
お店を営業している店も実際あります。
そういうお店は女の子が足りなく、求人をかけているので
この機会にお店を変えてみるのもアリかと!

また、この機会にキャバクラをやめ
お昼の仕事につくキャバ嬢もいます。
キャバクラは時給は高いですが、今に限らず常に不安定でこの状況がいつ戻るかもわかりません。
お昼の仕事はキャバクラみたいに一攫千金はむりでも
安定して働くことが出来ます。

キャバ嬢にはたくさん考えることができ
節約やお店探しや転職など自分と向き合うことができるのではないでしょうか。
自宅にいる時間が増える分、そういったことに時間を使って
これから先が不安にならないようにしていってくださいね。

→「キャバ嬢になりたい方必見!安心のキャバクラ求人情報はこちら