キャバクラとスナックの違いって?

キャバクラとスナックの違い

キャバクラとスナックの違い

キャバクラとスナック、どちらも耳にしたことはあると思いますが、その明確な違いはご存知でしょうか。
違いを知っていないと、どちらの仕事が自分に合っているかも分からないです。
今回はキャバクラとスナックの接客方法、時給などの面から違いについてご紹介します。

キャバクラとは?

キャバクラとは、キャストがお客様にお酒を作って提供したり、お話をする場所です。
基本的には、お客様一人に対しキャストが一人つくという、マンツーマンの形で接客を行います。
ほとんどのお店は、時間ごとのセット料金となっており、そこからキャストの指名代、同伴代などがプラスされる形になります。
また、キャストのドリンクは別料金が基本です。
年齢層は18~20代前半が中心のお店が多いです。
黒服と呼ばれる男性スタッフもおり、お客様がお触りなどしてはいけないことをすれば黒服が止めにくることもあります。
この黒服が店員さんの動きをするので、キャバ嬢はグラスを取りに行ったり何かを作ったりすることは基本的にありません。

スナックとは?

本来は、スナックバーなどと呼ばれるカウンターがついた飲食店を指すのがスナックです。
日本においては、お酒などを提供する場所として、スナックと呼ばれています。
最近では、ママと呼ばれる女性が責任者として切り盛りしていることが多いですが、一昔前は男性のマスターやバーテンダーがいました。
ママやキャストと一緒にお客様と会話やカラオケを楽しむための場所とされており、お酒や食事はプラスでついてくるものとなっています。
キャスト、お客様ともに年齢層が高めとなっていますが、最近では若いママやキャストも増えています。

キャバクラとスナックでの料金設定の違い

仕事内容が変われば、もちろん料金設定も変わってきます。
キャバクラでは時間ごとの料金に加え、キャストの指名代、ドリンク代がプラスされてきます。
対して、スナックではセット料金に加え、ボトルをおろせばボトル代が加わってきます。
ただし、飲み放題制をとっている店もあるため、店ごとに基本の料金は変化してくるでしょう。
キャバクラと違ってキャストの指名はないため、そういった料金は取られません。
キャバクラよりもスナックの方がリーズナブルに楽しむことができます。

キャバクラとスナックでの給料の違い

上記のように料金設定が違うため、もちろんキャストの給料も違いが出てきます。
キャバクラの平均時給は2000~5000円ほどとなっており、高級なキャバクラだと1万円を超えるところもあり、お店によってかなりばらつきがあります。
お店の時給は基本自給ですので、人気になれば時給もどんどん上がります。
ここから、指名料やバック、同伴料のバックなど様々な上乗せがあり、人気があるほど稼げる仕組みになっています。

対して、スナックの平均時給は2000円前後と言われています。
キャバクラの方が時給面は良いということがわかります。

キャバクラとスナックでの接客方法の違い

キャバクラとスナックでの接客方法の違い

最初にも紹介した通り、キャバクラではお客様一人に対しキャストが一人つく、マンツーマンの接客が基本となっています。
それに対し、スナックではカウンター越しの接客が基本です。
横につくことはなく、カウンター越しの接客となるのは、風営法が関係してくるためです。
主にママが一人で接客をするお店が多いですが、キャストがいてもキャバクラほど人数は多くないため、キャスト一人で複数のお客様を相手に接客を行うことが大半です。
また、基本的にスナックは飲食店の営業形態となっているため、キャストが横につくことはなく、ボックス席であってもテーブルを挟み、向かい合っての接客となります。

キャバクラとスナックでの年齢層の違い

キャバクラは基本的に18~20代前半のキャストが中心のお店が多くなっています。
最近では20代後半など少し年齢が高めのキャストを集めたお店も増えていますが、基本的には若いキャストが中心です。
対して、スナックでは30代から50代と幅が広く、お客様の年齢層もキャバクラより高くなっています。
また、スナックには男性だけでなく女性のお客様が来店することも少なくありません。
キャスト一人で複数のお客様を相手にするという接客方法から、お客様同士で仲良くなったりすることも多いため、出会いが多いのはスナックでしょう。
出会いが多いといってもそこから恋愛に発展するのはごく稀です。

真剣な出会いを探している方はコチラ

キャバクラとスナックでの服装の違い

キャバクラとスナックでの服装の違い

キャバクラとスナックでは、明確に服装の違いがあります。
キャバクラは基本的にはドレスでの出勤が決められており、髪型をセットする必要があるなど、細かい規定があることもあります。
そのため、ドレスは自分で用意することになり、働き始めにはそれなりの出費があります。
対して、スナックでは服装に詳細な決まりがあるお店は少なく、私服で問題ないというお店も多いです。
そのため、より気軽に働くことができるのはスナックといえるでしょう。

出費を抑えたいキャバ嬢におすすめドレスはコチラ

ここまで、キャバクラとスナックの違いについてご紹介してきました。
このように比較をしてみると、様々な違いがありましたね。
自分がどのように働きたいのか、どれくらい頑張れるのか、収入はどれくらい欲しいのかなどを考えて、どちらが合っているのか考えましょう。
もちろん、お店によってキャストや客層は違ってくるため、働くお店を選ぶ際には、体験入店も利用してお店の雰囲気を見てみるのも良いでしょう。