キャバクラとラウンジの違い

夜のお仕事には様々なものがありますが、キャバクラとラウンジの違いはご存知でしょうか。
今回は、接客・給料・働き方などの面から違いをご紹介します。

キャバクラの特徴

キャバクラの特徴

一口に水商売といっても、様々なお店がありますが、その中でも最も店舗数が多いと言われているのがキャバクラです。
仕事内容は、お客様の隣に座ってお酒を作ったり、会話をして楽しんでもらうことです。
1時間ごとの時間制が基本的な料金体系で、そこに女の子の指名代・同伴代などがプラスされるようになっています。
お客様はセット料金に含まれるハウスボトル、もしくは別料金でワインなどといったお酒を頼むこともできます。
キャストの飲み物は別料金となるのがほとんどであり、お客様に許可をもらって飲むことになります。
キャストの年齢層は18歳~20代後半が中心のお店が多いです。

ラウンジの特徴

仕事内容自体はキャバクラと大きな違いはありません。
最大の違いは、お店にママがいるという点です。お店の中心はママとなるため、お店の雰囲気やルールはママによって違ってきます。
また、チャージ制、つまり時間制ではなくフリータイムの料金体系をとるお店が多いです。
お客様の飲み物は、自分のボトルをおろし、ボトルキープをして飲むことになるのが大半です。
キャストはお客様のボトルを一緒に飲んだり、別で飲み物を頼むこともできます。
キャストの年齢層は20代後半からが多く、キャバクラよりは高めとなっています。

キャバクラとラウンジでの接客方法の違い

仕事内容自体はほとんど同じといわれるキャバクラとラウンジですが、接客方法には違いがあります。
キャバクラはマンツーマンで、一人のお客様に対し一人のキャストがつきます。
対して、ラウンジでは複数接客のお店が大多数です。
キャバクラでは一人のお客様を接客すればいいですが、ラウンジでは複数のお客様を相手にしないといけない場合があります。
逆に、お店が暇だと一人のお客様を複数のキャストで接客することもあります。
大変そうにも思いますが、複数での会話の方が会話が止まってしまうことが少なく、みんなで盛り上がることが多いというのは複数接客のメリットでもあります。

キャバクラとラウンジでの指名制の違い

指名制の違い

キャバクラは指名制であるため、自分を目当てに来店するお客様を掴み、売り上げを作っていくことになります。
対してラウンジは、指名制ではありません。
来店したお客様を誰が接客するのか、はっきりと決まっていません。
そのため、キャバクラではノルマがあるお店だと売り上げを作るためにお客様に営業する必要があります。
もちろんラウンジでも営業をする必要はありますが、指名本数や売り上げを気にする必要はないため、キャバクラに比べると少し楽でしょう。

キャバクラとラウンジでの時給とバックの違い

キャバクラとラウンジで、キャスト側からみた大きな違いは時給です。
キャバクラの時給は2000~5000円、ラウンジの時給は1500~3500円と言われています。
また、キャバクラでは売り上げや指名本数で時給が変動することもあります。
さらに、時給に加えてバックをもらえるお店も多いです。
ドリンクバックや、ボトルバック、同伴すればその分バックがあったり、売り上げ、指名料のバックがあったりと、頑張りがそのままお給料に反映されるため、大きなメリットと言えます。ラウンジでは、バックがないというお店が多いです。
逆に言えば時給の変動がなく、安定した収入を得ることができるという点では良いかもしれません。

キャバクラとラウンジでのお客様の違い

お店の制度が変われば、客層も変わります。
指名制であるキャバクラには、もちろんキャストを目当てに来店するお客様が多くなります。
疑似恋愛を楽しむための場所ともいわれるキャバクラ。
来店を促すためにした思わせぶりな営業メールを本気に捉え、キャストを好きになってしまうというお客様も存在します。
そういったお客様とも上手く付き合いながら接客していかなければならないのがキャバクラです。
また、キャストの年齢が若いため、お客様も比較的若めの方が多いです。
対して、ラウンジではマンツーマンで接客する機会が少なく、疑似恋愛を楽しみに来ているお客様は少なくなります。
それよりも、キャスト含めみんなで楽しくお酒を飲むために来店する方が多いです。
また、キャストの年齢が少し高くなるため、お客様の年齢層もキャバクラに比べると高くなります。

キャバクラとラウンジでの服装の違い

服装の違い

キャバクラでは、露出の多い華やかなドレスを着ることが多いです。
一般的にキャバドレスと呼ばれるものですね。
対して、ラウンジでは露出の多いドレスも良いですが、ワンピースといった私服としても着用できる服を着ても問題ないお店が多いです。
キャバクラで働く場合であれば、最初はお店がドレスを貸してくれるかもしれませんが、後々はやはり自分でドレスを用意しなければなりません。

予算に合わせたドレス選びはコチラ

しかし、ラウンジであれば私服でも使えるようなもので大丈夫なため、出費は抑えられるかもしれません。

今回はキャバクラとラウンジの違いをお話しました。
一概にどちらがいいとは言えず、それぞれに働くメリット、デメリットがあります。自分に合った、働きやすいお店を見つけて働くのが良いでしょう。