キャバクラとクラブの違い

キャバクラとクラブの違い

キャバクラとクラブの違いをお店の雰囲気、お給料の面から違いをお伝えしていきます。

キャバクラの特徴と雰囲気

キャバクラの特徴と雰囲気

キャバクラのお客様の予算は8,000円〜
料金システムはセット制で、1セットごとに加算されます。
1セットの間隔の多くは、60分で設定している事が多いです。

セット内のお酒は、飲み放題でウィスキーや焼酎などが飲めます。
ビールは別料金のことが多く、指名料やキャバ嬢にお酒を飲ませるとそのドリンク代が別途加算されます。

勤務中の服装は基本ドレス姿が多いですが、季節のイベントによっては浴衣や着物、コスプレなどを着ることもあります。

働く女性の年齢層は、18~28歳ぐらいまでが多いです。

価格帯がリーズナブルなので、年齢層の若いお客様もいらっしゃるカジュアルなお店が多いと言えます。

クラブの特徴と雰囲気

クラブの特徴と雰囲気

クラブのお客様の予算は20,000円〜
クラブとキャバクラの1番の違いは料金体系です。

クラブは、時間制のキャバクラとは違い席料を支払うという料金スタイルですので、時間を気にせずゆったりとお酒を楽しむお客様ばかりです。

飲みすぎたあなたに酵素・水素がおすすめ!

入店できるお客様も会員制で紹介がないと入店できないお店が多いので、いらっしゃるお客様の質が良いという特徴を持ちます。

クラブでは、永久指名制度を採用していて、1度女性を指名するとその後、指名を変えることは基本できません。

働いている女性の年齢層もキャバクラよりも少し高めでキャバクラからのステップアップとして、クラブで働く女性も多いようです。

勤務中の服装は着物が多く、出勤前には必ずセットに行く必要があります。
高い料金に見合った身だしなみが必須になります。

次からはキャバクラとクラブのお給料の違いについてお話します。

キャバクラのお給料目安

キャバクラのお給料目安

短期間で稼げるキャバクラ
キャバクラはキャバ嬢自身が営業を掛ける必要があり、やる気次第では、どんどん売り上げを増やす事が可能です。

時給制のメリットは自分の意志で自由に出勤するところです。
クラブは日給制なのでその点が1番違うところかも知れません。

キャバクラの時給は平均3,000~5,000円程度。
やる気があれば週5日勤務、オープンからラストまで勤務も可能なので、各種バック(ドリンクや指名や売上)もあるので、どんどん稼ぐことができるのも魅力の一つです。

女の子の実力と頑張り次第では月に50万円~100万円、またはそれ以上を短期間に稼ぎ出す事も可能です。

指名してくれるお客様が増えてくれば、もっとスムーズに短期間で稼げるかもしれません。
キャバクラの接客は1対1形式なので、人気のある女の子はどんどん固定客を増やしていけますし、時給も上がります。
スピード重視で、ドンドン稼ぎたい女の子におすすめです。

クラブのお給料目安

クラブのホステスさんの給料は時給ではなく日給制です。
以下に抜粋してみました。

  • 入店したてのヘルプのホステスさんの給料は日給3万円程度が相場なので、安定して稼ぐことができる
  • 指名の多いホステスさんは数百万円稼ぐこともある

入店間もなく指名のお客様のいないホステスさんは日給制で仕事をしています。

一晩働いて約2~3万円の報酬を受け取ります。

例えば、20日勤務すると日給3万円だと月給が約60万円になりますので、かなり安定しているので、時給との1番の差になるでしょう。

ただし日給が高いので、お客様を持っていないヘルプのホステスさんにもノルマが課せられることがあります。
もちろん高い日給を貰っている以上、売上が達成出来ないと日給額がダウンしてしまう事もあります。
他にもお店によりますが、当日欠勤や遅刻に罰則がつくこともあります。

単純に日給が高いからと言って喜んでばかりもいられません。

一方、ヘルプではないお客様のお世話役のホステスさん(レギュラー)は、大きな売り上げを頂ける太客を何人も持って入ればそれだけで売り上げの一部がバックされる仕組みです。
月給100万円を軽く超えるケースも珍しくありません。
高級クラブで指名1位ホステスさんの月収は、最高で数百万円になることもある夢のあるお仕事と言えます。

キャバクラは個人戦、クラブはチーム戦

キャバクラは自分の実力・頑張り次第で、短期間ですぐに売り上げを上げる事が出来ます。
キャバクラの場合は「女の子をじっくり育成しよう」と言う発想はあまりありません。
「ある程度の期間で売り上げでお店に貢献できなければ、新しい女の子を入れればいい」と言う発想のお店が多く、丁寧に育成してくれる事は少ないようです。

クラブの場合は会員制なので、来店されるお客様がある程度決まっている場合が多いです。
信頼出来る顧客やベテランママ、先輩ホステスさんなどの強固な人間関係があり、「新人を育てよう」と言う意識があります。

入店間もない期間は、無理なノルマを課す事なく皆でサポートしてくれたり、顧客様に積極的に新人ホステスを紹介してくれます。
そして、先輩ホステスと一緒にアフターに参加して高級クラブの営業のいろはや顧客の事を知ってもらえるように配慮するなど、チームプレーならではの育成が行われます。

新人のホステスさんは日給制なので、売上に関係なく働いた分の日当はもらえます。
職場環境や育成システム、客層の良さなど長く水商売の世界で頑張りたいならクラブがお薦めです。

個人主義でテンポよく稼ぎたいならなら時給制のキャバクラ
手厚い教育と安定収入を求めるなら日給制のクラブ
というのがキャバクラとクラブの違いです。