キャバ嬢とホステスの違い

夜お酒を飲みながら楽しむお客様を接客する仕事もキャバクラで仕事をするキャバ嬢だけではありません。
仕事をする、接客をするのが女性に絞っても、キャバクラ以外に、クラブ(高級クラブからミニクラブまで含めて)、ラウンジ、ガールズバー、スナックなどか代表的でしょうか。

キャバクラで仕事をするのがキャバ嬢

まず、キャバクラで接客など仕事をするのがキャバ嬢です。
本指名のお客様、場内指名のお客様、フリーのお客様などのパターンがありますが、基本的には1対1で接客をするのが、基本となります。

⇒「キャバ嬢になりたい方必見!キャバクラの求人について詳しくはこちら

ホステスとは?

ではよくキャバ嬢と比較されることがあるホステスとは、どうなのでしょうか。

ホステスの語源は、「ホスト」からきています。
意味としては、様々なイベントやパーティなどでお客様を接待はする女性と言う意味になります。
そこから派生し、おもにクラブなどで接客の仕事をする女性のこととして、現在では認識されています。

ホステスの仕事

ホステスはおもにクラブなどで仕事をし、キャバクラのように1対1とは限らず、お店の忙しさやホステスの出勤人数などにもよりますが、1人のお客様に数人がついたりすることもあります。

キャバ嬢とホステスのイメージ

「キャバ嬢」と聞けば、20歳前後から20代中盤、後半までの派手めのヘアスタイルやメイクの女性をイメージする方が多そうです。
また、「ホステス」と聞けば、高級クラブなどで働くキレイな女性をイメージし、キャバ嬢よりやや大人っぽいイメージをする方が多いかと思います。

キャバ嬢は個人戦?

キャバクラで仕事をするキャバ嬢は、1対1で接客することが多いので、個人戦とも言えるかもしれません。

ホステスはママがいる

逆に、ホステスは、お店に「ママ」と呼ばれる女性がいます。
ママが数人いる場合や、ママの中にも大ママと呼ばれたり、役職、ではありませんが、役割分担があります。
ママは、お店の経営者の場合もあります。
また、お店で働くホステスのなかでキャリアも長く、実績やお店への貢献度などが高い女性の中から選ばれる場合もあります。

ホステスはチーム戦?

そのため、ホステスは、個人戦的な要素が強いキャバ嬢と比較すると、チーム戦的要素が強いと言えるのかもわかりません。
ママなどお世話になっている先輩ホステスの席について、お客様にご挨拶や紹介してもらう機会がホステスにはよくあります。
キャバ嬢にはあまりないことかもわかりません。

キャバ嬢とホステスのヘルプの意味合いは少し違う

キャバ嬢やホステスの仕事でよく使われるのが「ヘルプ」と言う言葉です。
キャバ嬢もホステスも、キャバクラで言う本指名のキャバ嬢や、クラブなどで言う口座のホステスを助ける役割をヘルプと呼びます。

キャバクラの場合は、お客様の本指名のキャバ嬢が違う席に行くなど席を離れる場合にヘルプと呼ばれるキャバ嬢がつきます。

また、クラブなどでは、口座と呼ばれるホステスが、席を離れる場合はもちろんヘルプのホステスはつきますが、席にいる場合にもヘルプのホステスがつく場合があります。

そのあたりは、個人戦的要素が強いキャバ嬢と、チーム戦的要素が強いホステスの違いと言えるでしょう。

キャバ嬢とホステスの給料システムは違う

このように仕事をする上でも、キャバ嬢とホステスは、お客様を接客する、と言う点でも違いますが、大きな違いは、給料システムもあります。

キャバ嬢は時給・ホステスは日給

給料システムの違いとは、キャバ嬢の給料は時給、ホステスの給料は日給という点がかなり違います。
全てのお店がそうとはかぎりませんが、多くのお店では、キャバ嬢は時給、ホステスは日給となります。
お店の時給や日給の決め方が、売上や指名数などお店への貢献度である点は同じです。
どちらがいいと感じるかは、個人的な考え方なので、自分のキャラクターや働き方から選ぶ女性が多いようです。

キャバ嬢は本指名・ホステスは口座

また、お客様から見たお気に入りの女性の呼ばれ方も違いの1つでしょう。
キャバ嬢の場合は本指名や指名、ホステスの場合は口座と呼ばれます。

実際に、お客様の隣に優先的につく女性のことなので、特に問題がないかぎりは違いはないように一般的には見えます。


キャバ嬢の本指名とホステスの口座の違い

しかし、実は大きく違う点があります。
キャバクラでは、お客様は基本的に、お店に行った日にその日のお会計を支払います。
それに対して、クラブなどでは、必ずしもその日のお会計をその日に全て支払わない場合があります。

ホステスの悩み

そのため、キャバクラではあまりないですが、クラブなどでは、締め日までに口座のお客様が支払ってくれなくて、ホステス自身が自腹で売上を支払ったなどと言う話を聞いたことがある方もいるでしょう。
これは、ホステスの女性の間では、結構よく聞く悩みです。
クラブなどは、セット料金だけでも高額な場合が多いので、なかなか大きな金額になってしまいます。

キャバ嬢とホステスは違う点が結構ある

このような例以外にも、キャバ嬢とホステスには違いがありますので、キャバクラからクラブ、逆に、クラブからキャバクラとお店をかわりたい場合には気をつけましょう。