キャバ嬢の同伴・アフターって?

キャバクラは、おもに男性客(キャバ嬢の友だちの女性客とかもいますが)をキャバ嬢がお店の中で接客するだけが仕事ではありません。

キャバ嬢にもよりますし、お店の担当の指導などにもよりますが、何もせずに、たまたまフリーでついたお客様が指名をくれて通ってくれればベストですが、超人気キャバ嬢やたまたまお客様のタイプのキャバ嬢がたまたまついて、とかでもないとなかなかそんなことは多くはありません。

キャバ嬢にとっての同伴やアフター

そこで、ラインなどで連絡をとったり、インスタやツイッターなどで、キャバ嬢はお客様が来たくなるような心理的な営業をかけたりします。
ズバッと「飲みにきてよ」と言う場合や、間接的に、「会いたいなー」「◯◯◯さんと飲みたいなー」と言う場合もありますが、中でもよくあるのが同伴やアフターです。

キャバ嬢と同伴とは?

同伴とは、キャバ嬢がお客様とキャバクラに入るに、お店以外の場所で時間を過ごしてからお店に入ることです。
一番多く耳にする例としては、キャバ嬢の出勤時間の1時間〜2時間前に集合し、食事に行ってからキャバクラに入るなどでしょう。

他にもショッピングだったり、映画だったり、イベントなどに一緒に出かけたりと色々なパターンがあります。
また、「店前同伴」などと言われる、実際に食事などに行かずに、キャバ嬢の出勤時間に合わせてお客様がお店に入る場合もあります。

キャバ嬢が同伴をするメリット

キャバ嬢は、なかには本心で、そのお客様だから一緒に過ごしたいから同伴をする場合もあるでしょう。
が、そんな場合はあまり多くはなく、実際はキャバ嬢は同伴も含めて仕事として考えており、月に同伴が何回などのノルマだったり、同伴が少ないとポイントがあがらず、キャバ嬢自身のお給料が変動する、などの理由が大半でしょう。

お誕生日や、お店の周年、ハロウィンやクリスマスなどのイベントの際にはイベントノルマなどが課されるお店もありますので。

また、同伴は、お客様が同伴料(多くの場合は数1000円単位)を、セット料金や指名料 またドリンク料金以外に支払うので、キャバ嬢へも同伴バックがついたりします。 また、同伴ポイントが時給やお給料に響いたりします。 そのため、キャバ嬢にとって同伴はとても重要です。

同伴をする際の注意点

このように、同伴はキャバ嬢にとって非常に重要ですが、同伴を約束するときに注意すべきことが何点かあります。

  • ・ドタキャン(結構多い)
  • ・食事だけで帰ろうとされる。
  • ・ホテルや家に連れ込まれそうになる。

のようなパターンが代表的な例でしょうか。
そのため、まず、ドタキャンをされないように、特に、前日や当日は普段よりマメに連絡をとるようにし、お店までお客様と一緒にいけるように、できるだけお店の近くで食事をするなどが良いでしょう。
また、理由をつけて、ホテルや家に連れ込まれそうにならないように、身を守りましょう。

キャバ嬢のアフターとは?

また同伴と同じぐらいよく聞くのがアフターです。
アフターとはその言葉の意味の通りですが、キャバ嬢がキャバクラでの仕事が終わったあとに、そのままお客様と一緒に出たり、お客様と待ち合わせをしたりして、食事やカラオケやクラブやバーなどに行くことを言います。

同伴とアフターの違い

ただ、同伴と違うのが、アフターはお店からポイントがついたり、アフターに行ったからとかでお給料にプラスされる場合が少ないです。

キャバ嬢がアフターをするメリット

ではなぜキャバ嬢はアフターにお付き合いするのでしょうか?

お客様からの印象がよくなるからです。
よく来てくれるお客様が、アフター行こうと言われて断ったことによりお客様が来なくなったり、逆に、まだ数回しか来てないお客様とアフターに行くことにより、たくさん来てくれるようになれば、結果的にキャバ嬢自身のお給料を左右するからです。

実際にアフター何回か断ったらそのお客様が来なくなった、アフター行ってからたくさんお店に来てくれるようになった、などキャバクラでは結構あります。

アフターをする際の注意点

なのでアフターもとても重要ですが、アフターは注意しないといけないリスクもあります。
同伴の場合と違い、何時にお店に行かないといけないと言う決まりがありません。
お客様からしたらお気に入りのキャバ嬢と長い時間一緒にいたいはずです。
なので、なかなか帰ろうとしない場合があります。

また、同伴の場合より、ホテルや家などに連れ込もうとされるリスクも高いです。
なかには、酔わせて連れ込もうなどとするお客様もいるかもしれません。

キャバ嬢ができるアフターでのリスクケア

そのため、アフターは他のキャバ嬢やお客様と一緒に行くなど、自分のお客様と2人きりでは行かない。
何時までには帰らないといけない、など帰る理由を用意しておく。
などの対策を考えておく必要があるかもしれません。

同伴やアフターも大切な仕事

このように、同伴やアフターはキャバ嬢にとってとても大切な仕事の一環です。

注意点には十分に気をつけながら、うまく同伴やアフターを利用できればキャバ嬢の仕事ももっとうまく行くでしょう。