キャバクラでのお客様の育て方|ガチ恋客編

キャバクラでのお客様の育て方|ガチ恋客編

最近SNSでもよく目にする【ガチ恋】【ガチ恋客】【リアコ】というワード。
ガチの恋、リアルな恋、真剣に恋愛感情を抱いていることです。
芸能人やアイドルにも使われる言葉ですが、キャバクラでも使われます。
キャバクラの場合はキャバ嬢とお客様の関係を超えて、本気で好きになられている状態のことです。
疑似恋愛を楽しんでもらう場所でもあるのでそこの線引きが難しいのが本音ですが…。

このガチ恋客はなぜ育てる必要があるのでしょうか?

お客様の育て方|太客編

キャバクラでのお客様の育て方|太客編

キャバクラのお客様|なぜガチ恋客になる?

キャバクラだけに限らず水商売において、色恋営業はあって当然です。
ですが、いきすぎた色恋営業は本気にされた時が困ります。
いい気分になってもらうために、キャバ嬢はお客様のことを気になっている、興味があるような素振りやフリをします。
それを本気にしたお客様がどんどんガチ恋化していってしまう、という流れです。

キャバクラのお客様|ガチ恋客はなぜ厄介?

ガチ恋客はなぜ厄介?

ガチ恋客って、けっこうキャバクラの中でも厄介者扱いされていませんか?
キャバ嬢の待機中にも話題になりやすいお客様です。
好かれているなら、その好意でキャバクラに通ってくれるのでは?と思うかもしれません。
確かに好意を持ってくれているお客様はキャバクラに通ってくれやすいです。
ですが、ガチ恋客はまた別なんです。
知り合った場所がキャバクラなので、キャバ嬢とお客様という関係なのはよっぽどのことがないと変わりません。
しかしガチ恋客は【お店に行く=他のお客様と同じ】と捉えるので、キャバクラに来たがりません。
それなのに求めてくるものが多いので厄介がられるのです。
たしかに誰であっても見返りを求められるのは嫌な気分がしますよね。

キャバクラのお客様|ガチ恋客は難しい

ガチ恋はハマると太客になりやすいです。
しかし、ハマらせるまでが結構大変でしんどいです。
先ほどの通り、お客様と思われたくないのでキャバクラに通いたがらず、キャバクラ以外で会おうとします。
営業ラインや電話も、頻繁で連絡が遅いと不機嫌になったりメンヘラになったり…

さて、どういう風に育てていきましょうか?

ガチ恋客を育てる|①キャバ嬢という仕事であることを伝える

楽な仕事と思われがちですが、キャバ嬢というのも立派な仕事。
普段から連絡をとっていたりすると、メル友のような存在と勘違いされやすいです。
ガチ恋客に限らずそうですが、ただ連絡を取るだけでなく営業をかけることも忘れずに!
そして、キャバクラで働く上で出勤前の同伴やアフター、時には休日もお客様に使うということはガチ恋客に伝えましょう。
ご飯に行くことも仕事、キャバクラの後のお付き合いも仕事、連絡を取るのも仕事。
仕事なのですからお客様は会社でいう取引相手のようなものです。
よく来てくれる、よくお金を使ってくれる太客が優先されるのは当たり前ですね。
そのことをきちんと伝えることで、自分もキャバクラに通えば時間を割いてくれるのではないかという期待からキャバクラに来てくれるガチ恋客もいます。

ガチ恋客を育てる|②愚痴を聞いてもらう

キャバクラで働くと、不満や愚痴がたまりますよね。
その愚痴は大抵ボーイや店長、キャバクラと関係のない友達や彼氏に吐き出します。
それを逆に、ガチ恋客に聞いてもらうという手もあります。
例えば「全然来てくれないのに店外しつこいお客様がいて…」「ボディタッチがすごくて…」
など、実際にいてもいなくてもいいです。
ここで大事なのは、自分がされたら嫌だなと思うことを間接的に伝えることがポイントです。
「〇〇さんなら分かってくれるよね」
「〇〇さんはそんなことしないよね」
など付け足すと、嫌われたくないという心理から言ったことを本当にしなくなるガチ恋客もいます。
これをうまく使いましょう!

ガチ恋客を育てる|③特別感を出す

先ほどの愚痴を聞いてもらうの延長バージョンと考えてください。
営業をかけるときにも、イベントのときにも使える方法です。
「〇〇さんが好きそうだからこのドレスを選んだ」
「〇〇さんがこのお菓子美味しいって言ってたから買って食べてみた」
など、いろんなパターンで使えます。
しかもこれは同じ内容で他のお客様にも使えるので便利です。
それで「自分のことを考えててくれたんだ」と全員が思ってくれたらもうラッキーです。
ドレスやコスプレは写真と一緒に送ることで実際に着ているところを見たいな、と思わせることも出来ます。

自分に合ったドレスが見つかる!キャバ嬢おすすめのドレスの選び方

自分に合ったドレスが見つかる!キャバ嬢おすすめのドレスの選び方

ガチ恋客を育てる|付き合ったフリ

付き合ったフリ

1番手っ取り早い方法かもしれません。
実際には付き合わないけど、形だけそういうことにしておくという方法です。
しつこく言われるくらいなら乗っかってしまいましょう。

でも本当に形だけで、実際にプライベートで会うとかではありません。
そして今度は「彼氏なら分かってくれるよね」といった言葉で、太客に時間を使わなければいけないという設定を擦り込みましょう。
「今は仕事も頑張りたいから助けてほしい」なんて営業もかけると良いです。

ここで注意してほしいのが、ガチ恋客をほったらかしにしすぎたり、彼氏ということにすると詮索されやすくなります。
彼女が何をしているのか知りたいから、いつ帰るのかが心配だから、という理由でストーカーになる可能性もあります。
ガチ恋は危ないのであまり自分を過信しすぎないようにしましょう。

ガチ恋客を育てるときキャバ嬢が注意すること

ガチ恋客は、今までの関係がすべて営業、仕事のためだと分かると急に態度が変わります。
ストーカー化する場合や、ものすごく怒ったり、ネットやお店のホームページなどでデマを流されたり…
本当に付き合おうとして待ち伏せしているかもしれません。
ですが育てることが出来ると通ってくれやすいです。
注意して育てていきましょう。