キャバ嬢から好かれる!キャバクラの通い方講座

キャバ嬢から好かれる!キャバクラの通い方講座

キャバクラって楽しいですよね。
綺麗でかわいい女の子と、楽しく会話したりお酒に付き合ってくれたり…
少し高いけど、その金額に見合った時間を過ごせるなら文句なしです。
ただ、キャバクラの一お客さんではなく、キャバ嬢やキャバクラから特別扱いされたい、キャバ嬢から好かれたいと思っている方も多いはずです。
そこで、普段行っているキャバクラでもっと好かれるためのキャバクラの通い方を伝授します。
是非、参考にしてみてください。

キャバ嬢やキャバクラでの特別扱いとは

キャバクラにもよりますが、キャバクラには初めからセット料金というものが発生しています。
これが基本料金です。
常連や良いお客さんになると、このセット料金をおまけしてくれたり
簡単なドリンクやおつまみがサービスで出してくれたりもします。
指名のキャバ嬢が他の席と被っている場合にも割合が大きくなったり、自分の席にボーイさんや店長など、スタッフも一緒にお酒を飲んだりと
お店全体との仲が深まります。
個室があるキャバクラだと優先的に通してくれたりなど、とにかくどんどん居心地のいいお店になります。

キャバ嬢に好かれるお客様とは

自分がキャバ嬢になったとしましょう。

  • ワガママばかりのお客様
  • セクハラや暴言ばかりのお客様
  • オーダーせず最低料金のお客様
  • キャバクラには行かずにデートに誘うお客様

に、好意を持ちますか?
つまり、キャバ嬢に嫌われることをしないことがキャバ嬢に好かれる最低限の条件です。

キャバ嬢が喜ぶことって?

最低限をクリア出来たら次のステージです。
キャバ嬢が喜ぶことといえば…指名と売り上げ、この2つです。

キャバ嬢に好かれるキャバクラの通い方|初級編

あまり何度も行っていないキャバクラのキャバ嬢に好かれるために最低限してほしいことをご紹介します。

フリーでキャバクラに行くべからず

指名なしのフリーでキャバクラに行くよりも、誰か気に入るキャバ嬢がいるなら必ず指名で行きましょう。
初めて行ったキャバクラで指名なしフリーなら、気に入ったキャバ嬢を場内指名しましょう。
なぜ指名することが大事かというと、キャバクラではただ働いているだけではキャバ嬢の売り上げになりません。
指名本数や場内指名本数と売り上げで、成績が変わります。
そのため、指名じゃないお客様のためにキャバ嬢はそこまで頑張ろうと思いません。
キャバクラのお店も、誰も指名していなかったらお客様のことをそれほど覚えていません。

ドリンクは出すべし

キャバクラはお酒を飲みながら楽しく会話をする場所です。
そこでキャバ嬢にドリンクを出さなければ、ある意味マナー違反です。
居酒屋で飲むよりも高い値段のお酒ですが、1杯は乾杯できるように飲ませてあげましょう。
ボトルがあるならボトルのお酒でも構いません。
何も飲ませないとなるとケチなお客様と思われて、キャバ嬢も手を抜いてしまいます。

キャバ嬢に好かれるキャバクラの通い方|中級編

初級編で最低ラインをクリアできて、指名のキャバ嬢が見つかったら、続いてしてほしいことをご紹介します。
中級編ではイベントについてです。

キャバ嬢のお誕生日は必ずお店で祝うべし

誕生日のお祝いがしたいという名目で、外で会いたがるお客様がいますが、本当にお祝いしたい気持ちがあるならキャバクラで祝ってあげるのがキャバ嬢に好かれるお客様です。
祝ってあげたいから、というのは全くキャバ嬢のプラスになりませんし喜ばれません。
当日でなくても、前祝い・後祝いでもいいのでキャバクラで祝ってあげましょう。

クリスマスデートがしたいなら同伴にすべし

クリスマスに好きな人と過ごしたいというのは当たり前です。
もし指名しているキャバ嬢に彼氏や旦那がいたらどうでしょうか?
優先してくれるわけがありませんよね。
それが仕事が絡んでくるとどうでしょう。
立場逆転で、優先してくれるかもしれません。
それにクリスマスなどの大きなイベントではノルマがあります。
キャバ嬢もキャバクラのお店にとってもイベントごとの同伴は嬉しいことです。

バレンタインチョコが欲しいならお店でもらうべし

これは、本当にチョコを貰いにいくのではなく
「もらうために来たよ」という理由付けです。
実際バレンタイン前後に飲みに行くタイミングもあるかと思いますが、ただ行くのではなく冗談っぽく言うことでキャバ嬢も時期を意識します。
バレンタインチョコを渡すと、ホワイトデーに営業をかけやすいこともあるのでそこを先読みしてあげるというところがミソです。

キャバ嬢に好かれるキャバクラの通い方|上級編

ここまでクリアできていれば、もうキャバクラでもいいお客様で通っているでしょう。
良いお客様の中で更にキャバ嬢に好かれるためにしてほしいことをご紹介します。

キャバクラの暇な日や時間を狙って行くべし

これは融通が利く場合の方に限りですが、やはりキャバクラは2.3軒目に行くことが多くなるので22~23時が混みあいます。
20時や21時は比較的すいていて暇です。
その時間に行けばキャバ嬢の指名が被っていることも少なく、お店からしても席を埋めてくれるのはありがたいことです。
暇なので店長やボーイが挨拶をすることもできます。

キャバ嬢の仲のいいキャバ嬢をヘルプにすべし

キャバ嬢が他の席でも指名が被っていると、その間にヘルプのキャバ嬢が席に着きます。
そのヘルプを指名のキャバ嬢の仲のいいキャバ嬢にすることで、他の席から戻ってきたキャバ嬢もヘルプのキャバ嬢もテンションが上がりますし、そのままみんなで楽しく飲めます。
そういう席だと、ボーイや店長も交じりやすくなります。
ここで店からも認識される良いお客様になります。

指名のキャバ嬢以外の誕生日も祝うべし

キャバクラの全員ということではなく、仲のいいキャバ嬢や担当のボーイ、店長など
指名のキャバ嬢がお世話になっているであろう人の誕生日も細やかでいいので祝っておきましょう。
良いお客様にももちろんなれますし、指名のキャバ嬢の顔を立てることもできます。
これはあとあと、キャバクラ以外に誘うときに来てくれやすくなります。

ここまでくればもうキャバ嬢をプライベートでも誘いやすくなりますし、キャバクラからの特別対応も間違いなしです!

キャバ嬢だけでなくお客様もニオイに気を付ける!

キャバ嬢がいいニオイなのは当たり前ですが、お客様もニオイには気を付けましょう。
体臭・加齢臭・口臭などのほかにも
たばこのニオイ、コーヒーのニオイ、食べ物のニオイなど、キャバ嬢だけでなく女の子が嫌がるニオイは様々です。
ニオイで気持ちも変わる?!

良い香りと、良いキャバクラの通い方でキャバ嬢に好かれてみませんか?