キャバクラのお客様あるある[キャバ嬢を応援したいお客様編]

キャバクラのお客様あるある応援したいお客様編

キャバ嬢を応援したいと思うお客様にはどんな人がいるでしょうか?

女の子にちやほやされたいと思う方、特にプライベートで若い女の子にちやほやされる事が少なくなってきた40歳以上の男性に応援してくれそうなお客様が多い印象です。

もちろん男性なら、何歳になっても異性にモテるのは嬉しいしテンションも上がるものです。
自分よりもかなり年下であれば、自分が色々教えてあげたくなり、一生懸命話を聞いてくれて自分を慕ってくれたら、なんとか力になってあげたいと感じて応援してしまうんですね。
ですからキャバ嬢も上手に甘えてあげるスキルも必要になります。

流行りのアイドルの育成に近い感覚に非常に似ているのかも知れません。
とにかくキャバクラにハマったら応援として足を運ぶことを惜しまないお客様が多いです。

出来れば応援してくださるお客様の多くが金銭的に余裕のある方の方が良いに越したことはありません。

キャバクラに遊びに来る人は全員お金に余裕がありそうですが、全員がお金持ちと言うわけではありません。

来店一回で使う金額が大きいお客様というよりは、継続的に何度も何度もお店に来店してくれて、さらに毎回、大金を使って飲んでくれるお客さんをキャバクラでは「太客」と呼びます。

太っ腹な遊び方が出来るということは、基本的に金銭的に余裕のある必要があります。

金に余裕のあるお客様かどうかを見極めるには以下のあるあるを、ご覧下さい。

太客になってくれるかもしれないお客様あるある①

身だしなみや清潔感がある

外見に気を使っている人の全員がお金持ちというわけではありません。
ですが、お金持ちの方は皆さん必ず身だしなみに気を使っています。

第一印象で清潔感が感じられない男性は、まずお金を稼いでいる可能性は低いと言えませんし、髪の毛や肌が手入れされているか、スーツや衣服にしわやホコリ、汚れなどは無いか、身だしなみをチェックしましょう。
本当のお金持ちはベルトやメガネなどパッと見、目立ちにくい細かい身だしなみアイテムにまでこだわっていることも特徴です。

反対に、目立つ部分にはわかりやすいブランドロゴが入っているものなどを取り入れて、目立ちにくい細かい部分にはお金をかけていない人は、典型的な見栄っ張りで大してお金を持っていないこともあります。
キャバクラの店内だけでお金があるように見せているだけかもしれません。

いつも靴が綺麗で足元まで配慮が行き届いているなど、目立つ部分だけでなく目が届きにくいポイントにまで、きちんとお金をかけられている人は、経済的余裕がある証拠です。

また、仕事で稼げるできる男性は身だしなみの一環として、臭いにも気を使っているのが当然、歯の清潔感なども重要な判断ポイントの1つです。

キャバ嬢の身だしなみは美ボディから

太客になってくれるかもしれないお客様あるある②

時計や車が高級品

時計や車が高級品

HUBLOT(ウブロ)やパテックフィリップなどはよくお金持ちが身につけていることの多い時計ブランド。
他にもお財布やカバンなど、質の良いものを持っているかチェックのポイント。

お客さんが乗っている車を見ることも大切です。
同伴やアフターなどで、キャバクラに出勤するまでにお客さんの車に乗る機会があれば、どんな車に乗っているのか是非チェックしておきたいですね。

太客になってくれるかもしれないお客様あるある③

スマートな飲み方

スマートな飲み方

常にお金がたくさんあって、継続的にキャバクラで大金を使える人にとっては、高いお酒をたくさん飲めるというのは当たり前なことです。
そのため、わざわざ自ら目立つような飲み方はせず、とても落ち着いて飲むお客様が多いです。
自分の飲みたくない安い焼酎ボトルを入れるより
自分が飲みたいお酒のボトルを入れるお客様は比較的お金持ちの可能性があります。

太客になってくれるかもしれないお客様あるある④

接し方、振る舞いをチェック

お金を稼いでいる人は、よく言えばさっぱりしていて、余裕があり落ち着いています。
自分の損得だけでなくキャバ嬢の気持ちも考えることができるで、無理に誘ったり、しつこい連絡が無いのが特徴です。

キャバクラの店内でボーイさんや指名以外のキャバ嬢への接し方や、同伴の際のお店の方とのやり取りもしっかり観察しておきましょう。

お金持ちの方は誰に接する時でも、余裕とスマートさがあるものです。

太客になってくれるかもしれないお客様あるある⑤

ドリンクを頼んだ時に分かるお金への考え方

「ドリンクいただいてもいいですか?」とお客様におねだりをしてみましょう!
「いくらなの?」
と金額を聞いてくる人はたとえお金持ちであっても、キャバクラやキャバ嬢に対してお金を使うことに価値を感じていない人であるケースに該当します。

「え〜、どうしようかな〜?」
など、渋ったリアクションを見せてくるような人は、キャバ嬢を弄んで楽しむだけのタイプである可能性が高いです。

「いいよ」
とすんなり言ってくれるお客様は、キャバ嬢にお金を使うことに対して抵抗がない証拠なので、指名してお店に来てくれる可能性は高いでしょう。

逆に応援してくれそうもないお客様あるあるをダイジェストでご紹介します!

  • 連絡だけで店に全然こないのに店外で会うことばかり誘ってくる。
  • 武勇伝や自慢話が多い人は、見栄っ張りで、自分のことが好きすぎて、他人への関心が低い人。
  • アフターを強要してきたり、やたらと強引で女の子の事情に気を使えない自分勝手な人。

上記に当てはまる人はなかなか素直には応援してくれそうにありません。

太客を見極める力をつけよう

まずはキャバ嬢自身が応援されるようにきちんと接客するのはもちろん、どんなお客様がお金に余裕があって応援して貰いやすいのかを是非知っていて欲しいです。

逆に応援してくれなさそうなお客様にはあまりしつこく、ドリンクのおねだりはしない方が良いかもしれません。