キャバ嬢あるある[ラインや電話でお客様に対処]

キャバ嬢あるある[ラインや電話でお客様に対処]

キャバクラで働く上で絶対にするのがお客様との連絡先交換
なぜ会ったばかりのお客様と連絡先を交換するのでしょうか?
それは、次の来店に繋げるために連絡をとるからです。
営業メールと呼ばれる連絡で、最近ではライン電話が多いですね。
実際に会って話すより楽ですが、文章になるので伝えるのが難しく、お客様との食い違いが起こることもあります。

中には良いお客様しか持っていないキャバ嬢もいると思いますが、今回は少し厄介なお客様との連絡の対処の仕方をみていきましょう。

キャバ嬢たちはどうお客様に対処しているのでしょうか?

キャバ嬢あるある|連絡をしても返事がない

1番よくいるタイプではないでしょうか?
キャバクラの店内で連絡先は交換したものの、何を送っても無視されてしまうというパターン。
あるあるとは言っても少し傷付きますよね。
でも、すぐにラインを送るのを止めるのではなく、少しは続けて送ってみましょう。
習慣的にあった連絡がなくなると、相手は少し気になってくるのだそうです。
ただ、全く返事がないのに毎日送るのは面倒くさがられるので何日かおきにしましょう。
家庭があるお客様もいるのでそういうタイプのお客様への電話は控えておきましょう。

キャバ嬢あるある|返事をすぐにしないと怒る

これもよくあるパターンではないでしょうか。
キャバ嬢の中には学生、主婦、お昼も仕事をしながらキャバクラで働いている人もいます。
すぐに返信しようと思ってもなかなかできないタイミングもあるのでこれは仕方ないことですよね。
ですが構ってちゃんタイプのお客様は、すぐに返事がないと何回も送ってきたり、送信取り消しをしたり、電話を何回もかけたり、怒ってきたりします。
最近Twitterなどでもよく見る「痛客」と呼ばれるタイプですね。
頻繁に来てくれる・お金を使ってくれるお客様なら大変ですがこまめに返していきましょう。
来店がないのに連絡の早さを要求するお客様なら、無視はせずに自分の負担にならない程度のスピードで構わないと思います。
連絡するのにも労力がいりますしね。
無駄な労力は使いたくないのが本音。

キャバ嬢あるある|写メやテレビ電話の要求

ラインの便利なところが、写真や動画を送るのと、テレビ電話が無料で出来ることですね。
これはキャバ嬢やお客様にとっても同じです。
キャバ嬢は新しいドレスやコスプレ衣装のときに営業ラインで写真をつけることができます。
ですが、自撮りを送ってくれるんだと勘違いするお客様もいます。
「写メ送ってよ」「テレビ電話しよう」など、完全にお客様目線でキャバ嬢にはなんの得もないことを言ってくるお客様、たまにいますよね。
「恥ずかしい」「今すっぴん」などキャバ嬢は送らない様に言い訳します。
本音は「面倒くさい」「時間を使いたくない」ですがこういうお客様は残念なことに察してくれません。
ですので、もうこういうお客様には撮り貯めておいた写メでも送っておきましょう!(笑)

キャバ嬢あるある|セクハラ連絡

こういうお客様も一定数いますよね。
精神的にくる、というキャバ嬢も多いのではないでしょうか?
先ほどの写メを要求するお客様の中に、下着や体のパーツなどを撮って送って欲しいと言うお客様はいませんか?
他にはキャバ嬢の返信の有無に関わらず一方的に写真を送ってきたり、文章でセクハラじみたことを送るお客様です。
あまり行き過ぎた場合には訴えることも出来るそうですが、それはそれで色々と面倒ですよね。
いくら来店して欲しいからといって本当に写真を送ってしまうとエスカレートしたり悪用の可能性もあるので注意です。
今後の来店のためにもなるべく優しい言葉で「いい気分しないよ」ということを伝えてましょう。
通常の営業ラインで送る用の写メをたまに送ってあげるのもいいかもしれませんね。

キャバ嬢あるある|暴言、ストレス発散自己満連絡

会社や日常生活で溜まったストレス発散にキャバ嬢との連絡を使うお客様もいます。
営業ラインをすると連絡したことに対して過度に怒ったり、連絡をしてなくても怒りのメッセージが届いたり、、、。
キャバ嬢に怒っている場合もありますが大抵はストレス発散で送っています。
悲しいことに社会で言うと非常識な事もキャバ嬢にならいい、と思っている男性も少なくないです。
こういったお客様はいくら正論を返してもまたそれに対して怒るので、何も言わずそっとしておきましょう。
既読をつけないのも怒る原因かもしれないので自分のタイミングで既読だけつけるのも忘れずに。
たまに返事するだけでもいいでしょう。

スマホ1つで出来る連絡にも根性がいる

今回挙げたのは5つです。
読むだけで気持ちが疲れてきたキャバ嬢もいるのではないでしょうか?(笑)
スマホ1つで出来るメール・ライン・電話ですが、意外と根性がいります。
みんながみんな良いお客様ならいいですが、「高いお金を払って飲みに来ているんだ」となってしまうお客様もたくさんいます。
お客様の特徴を掴んでうまく連絡をとっていきましょう。

快眠でしっかり疲れを取りたい方はコチラ